超ラジオKタイ版

ラジオ番組 洋楽 社会批評 野球

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

柴田英嗣~その2

20100131122036
あらためて
データを聞き直す前に
頭に残っていることを
書いておきます。


1、
ニッポン放送のネット局
茨城放送のスタジオから
「シカマン」が
放送されたこと。
(二人が茨城へ
 行っていたのです)


2、
「リスナーの命令は絶対」といい、
アンタの二人と竹山が
街に出て行ったこと。

柴田への命令は
「コンビニに入って
 立ち読みしている
 若者に
 声をかけろ」
というもので
もちろん実行。


3、
入院した際の
エピソード。

便通があったら
看護婦に報告するよう、
前もって
言われていた柴田。
実際に排便し
看護婦に
汚物を見せた。

そのとき
お尻を拭いては
いけないと
注意されていたので
柴田は
下半身モロ出し状態。

しかし看護婦は決して
柴田の陰部に
目をやらなかった。


などなど。


極楽加藤に似た性格は
嫌でしたが、
愛すべきDJでしたね。



「シカマン」を
聴かなくなった
一番大きな理由。

横にいるスタッフが
笑い声をあげて
出たがるから。

高田文夫が
ビートたけしの
話し相手として
出たのは、
出演するタレントが
たけし一人しか
いなかったから。

二人いるのに
出ようとする
スタッフは
タレントを
殺しています。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 12:34:56|
  2. ラジオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。