超ラジオKタイ版

ラジオ番組 洋楽 社会批評 野球

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

ユーザー車検あれこれ

10万キロ以上
乗ってる場合、
どこにガタがきてるか
分からないので
業者に任せるのが
賢明でしょう。
そんなに
乗っていなければ
ユーザー車検を
お勧めします。

私はメカに弱い
齢○5歳の
普通のおさーん。
しかし
立川の陸運局に2回
川崎に4回
愛甲郡(?)に1回
持ち込んだ経験が
あります。
その経験を披露し
皆さんのカーライフを
応援したいと
思っています。
(阪神にいましたね
 カーライル)

陸運局なら
どこでもいいのです。
北海道の車を
沖縄の陸運局に
持ち込んでも
問題ありません。

手順を以下。

予約を入れる。
(当日とか前日は
 いけません。
 余裕を持ちましょう)

当日
陸運局の回りには
民間の整備場が
必ずあります。
一応どこにあるか
確認しておきましょう。
  ↓
陸運局事務所に入ります。払うものは払い
書くべきものは
書きましょう。
どんなに
ゆっくりやっても
1時間はかかりません。
  ↓
レーンに車を
移動させます。
ここからが勝負。

列んでいると
係員が回ってきます。
自分の番になったら
車外に出て

1、書類を渡します。

2、ボンネットを
  開けます。
  係員に
  開けさせるのでなく
  ユーザーが
  開けましょう。
係員は
車体番号を
チェックします。
問題がなければ
ボンネットを閉めて
運転席に戻ります。

3、係員の指示に
  従って
  ハザードランプと
  左右のウィンカーを
  点灯し、
  クラクションを
  鳴らします。

  係員は
  後ろに回ります。
  同じように
  ハザードランプ
  ウィンカー
  ブレーキランプを
  作動させます。

この間に
ランプが切れてる等
トラブルが
発生した場合、
一瞬
天を仰ぎましょう。
ただし
それでは
問題は解決しないので
気を取り直して、
確認しておいた
民間の整備場に
駆け込みます。

一日何度でも
検査は受けられます。

そしていよいよ
屋内に入っての
検査です。
ここからが
もっと勝負です。

(続くの?)
スポンサーサイト
  1. 2010/05/26(水) 23:05:07|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ラジオ日本、文化放送、NHK(ニッポン放送も追加) | ホーム | NHK>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://superradio.blog17.fc2.com/tb.php/487-2a587876
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。